8.15反「靖国」行動 宣言

宣言文

 四度目の「緊急事態宣言」下、東京五輪が無観客で強行され、徳仁名誉総裁は五輪憲章の定める「国家元首」として開会宣言を行ないました。これは明らかな違憲行為です。天皇家は、宮内庁長官・西村泰彦の「拝察」発言、雅子の欠席、秋篠宮夫妻の五輪結団式での「おことば」等を通じて、世間の反対論にも配慮したポーズを取ったり、「開会宣言」でも「祝い」を「記念する」と言い換えたりしましたが、これも原文(英語)そのままで訳語を変更した姑息なものであったにすぎません。コロナ状況下で、新年と天皇誕生日の一般参賀も中止され「国民」への露出度の減った天皇にとって、オリンピック開催のコロナ感染拡大への懸念を示しつつの「開会宣言」は、「国民に寄り添う」天皇像の自己演出を国内に示し、国外に向けても「元首」としての天皇の地位を国外に示すまたとない機会となったのです(閉会式には皇嗣・秋篠宮が、「元首が指名する者」として出席しました。またパラリンピックの開会式には、再び「元首」として徳仁が出席します)。

 この間、菅政権はワクチン頼みで、五輪開催ありきの「緊急事態宣言」解除と発令を無策に繰り返し、第五波の感染拡大を招き、名ばかりの「復興五輪」を掲げていた福島県も無観客を余儀なくされました。組織委員会会長・森喜朗、電通・佐々木宏の女性蔑視、さらには、障害者差別とホロコースト揶揄という、演出関係者の相次ぐ辞退・解任は、五輪関係者の人権意識の欠如を浮き彫りにさせました。しかしこれらは、野宿者を追い出し、被災者を置き去りにしても強行される五輪、そしてそれを導いたコロナ下での開催をなんとか意味づけようとするバッハ会長、コーツ副会長の広島・長崎訪問という被爆者をも利用しようとするIOCの本質と軌を一にするものに過ぎません。IOCと日本政府の責任は重いのです。

 こうした中で、8月15日をむかえました。今年もわれわれは「全国戦没者追悼式」および靖国神社に抗議するためにここに集まりました。

 「全国戦没者追悼式」はサンフランシスコ講和条約が発効した直後の52年5月2日に、新宿御苑にて天皇出席のもとで最初に開催され、以降は場所も開催日も変遷しましたが、65年以降は武道館にて天皇出席の下で毎年開催され続けています。8月15日は祝日とはされていませんが、82年に日本政府により「戦没者を追悼し平和を祈念する日」と閣議決定されました。その本質は、「死者への追悼」という一般的に否定しがたい心情と行為を利用して、日本政府と象徴天皇制は、戦争犠牲者を美化し、戦争責任を曖昧化するための式典です。

 しかし今日、政府は、戦後76年を経ても今なお残る沖縄戦の戦死者の遺骨の混じる土砂を辺野古の米軍新基地建設に使用しようとしています。このことが、政府が本当はどのように戦争の死者(犠牲者)と向き合おうとしているかを如実に示しています。戦死者の遺骨の放置とそれの新たな戦争準備のための基地建設への利用――これが「国家による「慰霊・追悼」」によって隠蔽しようとしている事実の一側面です。

 戦争犠牲者を「英霊」として美化し、次の戦争に向けて新たな犠牲者を創りだす「靖国」も「国立追悼施設」もいりません。

2021年8月15日
国家による「慰霊・追悼」を許すな! 8.15 反「靖国」行動

国家による「慰霊・追悼」を許すな! 8.15 反「靖国」行動

8.15 反「靖国」デモ

■ 「新型コロナウイルス感染拡大」に対する政府の無策の一方で、「敵基地攻撃能力保有」「国民投票法」「デジタル監視法」「重要土地規制法」など、自由を奪う軍事的あるいは治安維持的な法運用や立法が立て続けになされました。人びとの生存と生活を破壊する一方で、政官財の新たな利権が生みだされ、ますます貧富の格差の拡大に拍車がかけられています。そうした中で、利権と政治利用にまみれた「オリンピック・パラリンピック」も、人びとの命と引き換えに開催されようとしています。そこで「元首」として開会宣言するのは天皇です。
■ このような中で、8月 15 日には、今年も国家による慰霊・追悼の儀式が開催されようとしています。天皇の戦争の死者を「英霊」と顕彰する靖国神社も、「今日の平和と繁栄の礎」であると虚偽で飾り立てる政府主催の戦没者追悼式も、歴史の事実を隠蔽することによって、次なる戦争に向けて「国民」を動員する役割を果たそうとするものでしかありません。
■ 私たちは今年も、こうした国家による慰霊・追悼の欺瞞を撃つ、8.15 反「靖国」行動に取り組みます。コロナ下で屋内集会はあきらめ、今年はデモだけに集中します。是非ご参加を!共に闘いましょう !!

[日 時] 8 月 15 日(日)
15:00 集合
15:30 デモ出発
[集合場所]
内神田尾嶋公園
住所:千代田区内神田 1-5-14
・地下鉄大手町駅・C2b・A1出口より徒歩4分
・JR 神田駅西口より徒歩6分

国家による「慰霊・追悼」を許すな! 8.15 反「靖国」行動よびかけ

 昨年来の「新型コロナウイルス感染拡大」状況は、なんの保障も伴わない「緊急事態宣言」が発表されては延長されるということの繰り返しで、各地で暮らす人びとの生を重く覆いつくしたままの現実が続いています。根拠も定見も持たない政策により、人びとの生存と生活を破壊するこの「事態」は、一方では政官財の新たな利権をも生みだしており、あたかも「戦時体制下」でもあるかのごとくです。

 そして、この疫病の蔓延の中で、衰えた「国威」の発揚と、IOC・JOCにつながる者だけの利益確保をめざす、「オリンピック・パラリンピック」がごり押しされ、教育現場への「動員」ももくろまれています。また、これと同時に、自由を奪う軍事的あるいは治安維持的な法運用や立法が、たて続けになされつつあります。最近のものを挙げても、「敵基地攻撃能力保有」「国民投票法」「デジタル監視法」「重要土地規制法」などが、なし崩し的に進められました。こうした実質的な「改憲」のみならず、明文改憲への策動はますます強まっています。

 世界的にさまざまな「不安」が蔓延し、これをきっかけにする排外主義やレイシズムが広がっています。「超大国」国内での政治対立や弾圧が、国家間の緊張関係を拡大している、このような中で、八月一五日には、またも国家による慰霊・追悼の儀式が開催されようとしています。内戦や侵略戦争などの死者を「英霊」と顕彰する靖国神社も、死者たちが「今日の平和と繁栄の礎」であるなどと虚偽で飾り立てる政府主催の戦没者追悼式も、歴史の事実に向き合わず、事実を隠蔽・糊塗することによって、次なる戦争に向けて「国民」を動員する役割を果たそうとするものでしかありません。

 天皇・皇族や宮内庁は、このコロナ禍において発言の場が限られ、その「影響力」の減少を懸念しているともいわれます。「女性・女系」など天皇の継承問題や、宗教右派勢力相互の軋轢もあり、天皇制は揺らいでいます。だからこそ、天皇は八月一五日の戦没者追悼式へ出席することで、その「統合力」を誇示しようとしているのです。また、オリンピックでは開会宣言を開催国の「元首」がやることとなっており、これを天皇が行うことの問題にも、強く抗議の声をあげたいと考えます。

 私たちは、こうした事態に向け、少しでもこれを押しとどめるための営為を、今年もまた持続していきたいと考えます。しかし、このかん準備された集会などは、会場を奪われることで立て続けに開催の変更を余儀なくされました。
オリンピック・パラリンピックをはさむこの時期に、集会の日程を入れることが困難となっており、そのため今年は、集会を中止し、デモに集中して、私たちの主張を強く訴えていきたいと考えています。国家による慰霊・ 追悼の欺瞞を撃つ、八・一五の反「靖国」行動に、参加・賛同を呼びかけます。

2021.4.28-29行動【集会案内】両日の行動を以下のように変更します(最終確定)

*緊急事態宣言で会場が使えなくなり、4.28、4.29の行動は、以下のように予定が変更になりました。ご注意下さい。

【4.28】講演集会

 →会場を変更して、講師を囲んだ小規模の学習会に切り替えます。

米軍優位の日米地位協定と日米合同委員会の密約

吉田敏浩 さん(ジャーナリスト)

*著書に『「日米合同委員会」の研究』『密約 日米地位協定と米軍犯罪』など

[日 時] 4月28日(水) 午後7時開始
[場 所] ピープルズプラン研究所(地下鉄江戸川橋駅より5分)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

 

 

【4.29】反「昭和の日」デモ

 →集会を予定していた会場の建物の前から、15時30分出発で、デモのみ行います。

[日 時] 4 月29 日(木・休) 15:30 デモ出発
[場 所] 千駄ヶ谷区民会館前路上(JR 原宿駅徒歩7分)

*デモに参加される方は、必ずマスクを着用して下さい。

2021.4.28-29行動【集会案内】4.28は講師を囲んで学習会を開催します

緊急事態宣言により、4月28日の文京シビックセンターの使用が出来なくなりました。

したがって、4.28集会は中止になりました。

昨年に続いて2年連続で、吉田敏浩さんのお話しを聞けなくなったのは残念なので、吉田さんにお願いして、同日、ピープルズプラン研究所で準備していただいたお話しをしていただくことになりました。

中止を知らずに文京シビックセンターへ来られた方もぎりぎりで間に合うように、午後7時開始にします。

ご関心のある方は、ぜひ、ご参加下さい。

***************************
日米安保を軸に沖縄・天皇制を考える4.28学習会
[お話し]
吉田敏浩さん
「米軍優位の日米地位協定と日米合同委員会の密約」
日時:4月28日(水) 午後7時開始
場所:ピープルズプラン研究所(地下鉄江戸川橋駅より5分)
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

2021.4.28-29行動【集会案内】行動の予定が変更になっています

*昨年に続いて、緊急事態宣言で会場が使えなくなり、以下のように予定が変更になっていますので、ご注意下さい。 

【4.28】講演集会

 米軍優位の日米地位協定と日米合同委員会の密約

 吉田敏浩 さん(ジャーナリスト)

*著書に『「日米合同委員会」の研究』『密約 日米地位協定と米軍犯罪』など

[日 時] 4 月28 日(水)18:15 開場/18:30 開始
[会 場] 文京シビックセンター・4F シルバーホール

*文京シビックセンターが、全館利用停止となりました。

 

【4.29】反「昭和の日」デモ

 →会館が使えなくなった場合、デモのみ挙行します

[日 時] 4 月29 日(木・休)14:30 集合/ 15:30 デモ出発
[会 場] 千駄ヶ谷区民会館
*JR 原宿駅徒歩7分

*千駄ヶ谷区民会館は、まだ利用について確定していませんが、使用停止の場合は、15時30分前に会館前を出発するデモのみ行います。

*デモに参加される方は、必ずマスクを着用して下さい。

 

2021.4.28-29行動【集会案内】日米安保を軸に沖縄・天皇制を考える 4.28-29 連続行動

【4.28】講演集会

[日 時] 4 月28 日(水)18:15 開場/18:30 開始
[会 場] 文京シビックセンター・4F シルバーホール
*地下鉄後楽園駅・春日駅

 米軍優位の日米地位協定と日米合同委員会の密約

 吉田敏浩 さん(ジャーナリスト)
*著書に『「日米合同委員会」の研究』『密約 日米地位協定と米軍犯罪』など

【4.29】反「昭和の日」デモ

[日 時] 4 月29 日(木・休)14:30 集合/ 15:00 デモ出発
[会 場] 千駄ヶ谷区民会館
*JR 原宿駅徒歩7分

 

■今年の4月 28 日は、1952 年にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が占領状態から脱し、戦後をスタートさせた日から69年目になる。そしてそれは同時に、(旧)日米安保条約の発効からも69年目ということでもある。

■サンフランシスコ講和条約は、最大の被害国である中国やソ連を排除した西側諸国とのみ結ばれた。そして、日本の侵略戦争・植民地支配に対する賠償を経済援助方式によって切り縮めるものであり、天皇制国家による侵略戦争責任・植民地支配責任を糊塗してしまうものであった。さらに沖縄(南西諸島)を米軍支配のもとに切り捨てた。

■講和条約と同時に発行した日米安保条約の締結と沖縄の切り捨ては天皇裕仁が、日本政府の頭越しに米国へ強く求めたものであった。

■「戦後の国体」とも言われる日米安保体制+象徴天皇制。4.28-29 の連続行動では、その「国体」の総体を改めて見つめ直し、特に、日米安保体制が、どのように私たちの現在を支配しているのか、その仕組みを再確認する。

2021.4.28-29行動【よびかけ】4/28-29連続行動への呼びかけ

 私たちは、60年安保闘争から50年目となる2010年から、4月28日・29日の連続行動に取り組んできた。

 今年の4月28日は、1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が占領状態から脱し、独立国としての戦後をスタートさせた日から、69年目になる。そしてそれは同時に、(旧)日米安保条約の発効からも69年目ということでもある。

■誤った戦後日本のスタート

 サンフランシスコ講和条約は、朝鮮戦争下で講和を急ぐ米国主導のもと、最大の被害国である中国やソ連を排除した西側諸国とのみ結ばれた。そして、日本の侵略戦争・植民地支配に対する賠償を経済援助方式によって切り縮めるものであ り、天皇制国家による侵略戦争責任・植民地支配責任の追求とそれがもたらした被害に対する賠償を糊塗してしまうものであった。さらには沖縄を含む南西諸島を米軍支配のもとに切り捨てるものでもあったのだ。

 講和条約と同時に発行した日米安保条約は、占領軍であった米軍の、日本領土内自由行動を含むさまざまな特権的地位を有した状態のままでの、駐留継続を認めるものであった。

 片面講和と米軍の駐留継続。こうした米国による戦後の対日本政策は、占領政策を有効に進めようとする意図の下で戦犯としての追及をせず延命させた裕仁天皇との米国主導の下での共同作業でもあった。共産主義勢力による戦争責任追及や革命を恐れる裕仁は、米軍の駐留継続を強く望み、そのために沖縄の切り離し(占領の継続)の提案を、日本政府の頭越しに行ったのである。

■今こそ問う「戦後の国体」=日米安保と象徴天皇制

 今日の「従軍慰安婦(日本軍性奴隷制度)」問題や「徴用工」問題、辺野古新基地建設に象徴される米軍基地の沖縄への押し付け問題などは、こうした「誤った戦後日本のスタート」に起因するものである。

 侵略戦争・植民地支配による負の遺産は、私たちの手によって清算されなければならない。そのためにも、4月28日と29日の両日を連続行動として問いなおす必要が求められる。天皇は、裕仁から子(明仁)、孫(徳仁)へと引き継がれたが、それぞれ意匠を異にしながらも、侵略戦争・植民地支配責任を忘却の彼方におしやり、日米軍事一体化の下で新たな戦争国家へ向けて国家統合体制を整えるという役割は継続・強化されている。

 今年の4・28─29の連続行動は、戦後の「国体」=象徴天皇制・日米安保体制の総体を改めて見つめ直し、特に、日米安保体制が、どのように私たちの現在を支配しているのか、その仕組みを再確認することで、「国体」を撃つ力としたい。

 実行委員会への参加・賛同を呼びかけます。共に闘いましょう!

日米安保を軸に沖縄・天皇制を考える4・28─29連続行動実行委員会

【呼びかけ団体】
アジア連帯講座/研究所テオリア/スペース21/戦時下の現在を考える講座/立川自衛隊監視テント村/反安保実行委員会/反天皇制運動連絡会/「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会/「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会/ピープルズ・プラン研究所/靖国・天皇制問題情報センター/連帯社/労働運動活動者評議会

2021.2.11-23行動【報告】2.11−23 連続行動報告

天皇代替わりにより「天皇誕生日」が2月23 日となったことにより、隣接する2月11 日の反「紀元節」行動と連続して、「天皇誕生日奉祝」に反対する行動に取り組むこととなった。2・11 は反「紀元節」デモ、2・23 は屋内での討論集会。

2・11 のデモは、西早稲田の日本キリスト教会館に集合、3・1東京集会(2・27 に屋内=リモート集会、3・1は新宿キャンドルアクション)実行委、オリンピック災害おことわり連絡会、即位大嘗祭違憲訴訟、アクティブ・ミュージアム(wam)の4団体からのアピールを受けた。そして「なくせ!建国記念の日・許すな!靖国国営化2・11 東京集会」からの連帯アピールを紹介し、「集会宣言」を読み上げてデモ出発した。デモは、早稲田から高田馬場駅前を経由して戸山公園の手前での解散。参加は90 名強。

2・23 討論集会は、文京区民センターで「『天皇代替わり』とは何であったのか——再定義された象徴天皇制」と題して行われた。実行委から3名がそれぞれの角度から新・天皇制に迫った。めずらしく十分な時間を討論に充てることができ、さまざまな意見が交わされたが、議論が深まったとはいえなかったことが残念ではあった。参加は90 名。

(K)

2021.2.11-23行動【宣言】「紀元節」と「天皇誕生日奉祝」に反対する2・11−23連続行動集会宣言

「新型コロナ」感染拡大によって追い込まれた菅政権は、「緊急事態宣言」の延長と同時に、「新型インフルエンザ等特別措置法」などの「改正」にあたって「違反者」への罰則や公表など、個人・私権に対する、人権侵害を伴う強権的な責任転嫁で取り繕おうとしている。こうした政策は、菅政権に対する人びとの怒りを増大させているが、他方でまた、これに便乗する「自粛警察」的な動向に対しても、「お墨付き」を与えるものとして機能するだろう。

公共施設の貸し出し停止など、「緊急事態宣言」の名の下に、またしても表現・言論の自由が制約されている。そのような日常の中で、私たちは今年の2・11反「紀元節」、2・23「天皇誕生日奉祝」反対の連続行動に取り組もうとしている。

2019年に強行された明仁退位・徳仁即位儀式をはじめとする「天皇代替わり」は、2020年11月8日の「立皇嗣の礼」を経て一応の終結をみた。しかし、「新型コロナ」状況は、「代替わり」によって新たな「体制」を作りだそうとする天皇一族のパフォーマンスに対しても、大きな制約を課している。新年の一般参賀に続いて、天皇誕生日の一般参賀も中止になった。新年のビデオメッセージや、オンラインでの「行幸」などがなされてはいるものの、明仁・美智子のような「平成流」の、徳仁・雅子へのスムーズな移行は困難である。その意味では、象徴天皇制は、ある種の「停滞」を余儀なくされている。

しかし、こうした時期においても、やはり天皇制の記念日は、日本国家に不可欠のものとして祝われ続けるのである。2・11「建国記念の日」−2・23「天皇誕生日」というふたつの記念日の近接は、このふたつの日を、我々の側から批判的に意味づける作業を不可避のものとする。「紀元節」は、神武天皇の即位をもって日本が「建国」されたとする天皇神話に基づく記念日である。それが歴史的事実ではないことは、誰しも認めることだろう。しかし、天皇として誕生日を祝われる徳仁は、「神武天皇から数えて126代目の天皇」であると、当然のように語られる。いうまでもなく、天皇誕生日は、かつては「天長節」として祝われ、「紀元節」とともに天皇の祭祀が行われる「四大節」の一つであった。その意味において、神権主義的な天皇と象徴天皇とは、矛盾なく接合されていくのだ。

そのことのもつ意味は、もちろん「皇国史観」の単なる復活なのではなく、「文化・伝統」という回路から、天皇制イデオロギーを「国民」に内面化し、統合しようとするものである。そしてそれは、「文化・伝統」の場面にとどまらず、現在の象徴天皇が果たしている政治的な行為をも、正当なものとして「国民」に受け入れさせることになる。

天皇の記念日は、天皇が「神聖」なものであるとみなす感性を再生産するものである。だからこそわれわれは、反天皇制運動の軸のひとつとして、このような記念日を拒否する闘争を続けていく。今年の2・11−23連続行動に取り組むにあたり、このことを明確に宣言する。

2021年2月11日

天皇制を考え批判していく共同行動を呼びかけます